やきうお絵かきまとめ

やきうとお絵かきのまとめ なんJ民、おんJに住むお絵かきニキを愛してやまない管理人のブログ パワプロ漫画などのオープン創作物もまとめ中 やきう×おえかき

パットン戦車団

 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄  ※追記あり

1: 名無しさん 2017/05/28(日)16:47:56 ID:Vi1
セ界大戦日誌
Sunday May 28 ,2017

ティーガー軍団とベイ軍との関係性はさながら「支配と隷属」と言うべき状態であった。
幾度となくヨコハマ・ベイに侵攻を許しては、ティーガー軍団の蹂躙と略奪に甘んじていたベイ軍。
この支配から独立を果たすべく、ラミレス元帥はティーガー軍団の弱点を突くことを決意した。

ティーガー軍団の弱点、それは「ヨンタマ・ウイルス」である。
コーシェン要塞の中枢に存在するマウンド・ブリッジにこのウイルスを感染させることができれば、ティーガー軍団は統率を失い、防御を破ることができるのだ。

ベイ軍の先発隊には今永少佐を起用され、「ヨンタマ・ウイルス」輸送の間ティーガー軍団の攻撃を抑え続ける役目を担った。

ティーガー軍団が戦艦大和を筆頭に今永少佐に襲い掛かる中で迎えた第3戦線、ベイ軍の便利なゲリラ少女クララちゃんが「ヨンタマ・ウイルス」を感染させることに成功する。
ヨンタマ・ウイルスに感染したティーガー軍団は大混乱。先発隊の小野中隊はたちまち砲弾の切れ味が落ち、ミサイルが高めに浮き始めた。
さらに戦艦大和と宇宙人糸井が衝突!混乱に乗じたベイ軍は老兵・戸柱参謀の活躍などもあり一気にコーシェン要塞を席捲した。

ところがベイ軍に予期せぬ事態が襲いかかる。「ヨンタマ・ウイルス」が今永少佐にも感染したのだ!
粘り強く戦うティーガー軍団の攻撃を前に弾薬を空費し、燃料も底をつきつつあった。第五戦線を終了した段階で退却する今永少佐、目には悔しさがにじんでいた。
今永少佐のあとをついだ航空母艦・加賀がベイ軍有利の戦況を維持したまま戦闘を進めると、次に出撃を命じられたのはパットン戦車団である。
相性の悪いティーガー軍団に対し、確実に勝利をもぎ取ろうというラミレス元帥の決意の表れであった。

勝利の輪郭が見えつつある今、ラミレス元帥は高らかに宣言した。
「ティーガー軍団への隷属は終わりを告げる!今日この日、我らは独立するのだ!
Today we celebrate our 'INDEPENDENCE BAY' !」


no title 866

続きを読む

 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

1: 名無しさん 2017/05/25(木)20:29:18 ID:U6y
セ界大戦日誌
Thursday May 25, 2017

勝利の女神は、いつも気まぐれだ。

昨日の戦闘で、ベイ軍の前に立ちふさがったのは戦闘機【S-18】を駆る鈴木少佐だった。
ティーガー軍団のベイ軍キラー【F-19】をコピーしたこの機体は強力で、ゲリラ少女クララちゃんも空対地ミサイルの前では為す術も無かった。

雪辱を期すベイ軍のラミレス元帥は宇宙軍の投入を決断。井納長官麾下のクマーバラ中佐が先発隊に起用された。
対する帝国軍はタージ・マハル皇帝の重臣、ノルベルト弾正を先発隊に送り込み、一気にヨコハマ・ベイの制圧に乗り出した。

戦闘序盤、勝利の女神がにわかにベイ軍に微笑む。帝国軍の荒木騎馬隊の馬たちが突如暴れだしたのである。
この混乱に乗じて宮崎豆戦車、田中亡命参謀らがノルベルト弾正を包囲!ベイ軍が戦況を有利に進めた。

しかし油断は大敵。白星勲章の輝きに目が眩んだクマーバラ中佐はたちまち重戦車ビシエドの砲弾を受ける。なんとか第5戦線を締めくくったものの、ラミレス元帥の表情は不満げだ。

クマーバラ中佐の撤退後、なおも燃え盛るマウンド城に籠り続けるノルベルト弾正に引導を渡したのは、従軍看護婦に化けていたクララちゃん。懐の手榴弾を投げつけると、斬り込み隊の桑原一等兵を城内に引き込む活躍!ノルベルト弾正は大爆発して果てた。


今日も第7戦線に投入されたパットン戦車団。気まぐれな勝利の女神のハートを射抜くため、ナイスガイな将軍は颯爽と駆け出した。
no title

続きを読む

【改訂】パットン戦車団スレの組織図作った ※お知らせつき

1: 名無しさん 2017/05/22(月)21:37:49 ID:gJ5
「なんでこの階級?」とかあるかもしれないが文豪ニキに準拠してるで(明記ないのは?表記)
センスもクソもなくてすまんな

no title

no title

続きを読む

 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄※追記あり

1: 名無しさん 2017/05/23(火)20:09:05 ID:ATV
セ界大戦日誌
Tuesday May 23 ,2017

2両の戦車がぶつかる時、戦場に嵐が巻き起こる…!

大読売帝国との戦闘から2日、本拠地ヨコハマ・ベイに新たな敵が現れた。おなじみのタージマハル帝国軍である。

ベイ軍は新鋭の濱口少尉候補生を先発隊に送り出したのに対し、帝国軍の先発隊はバルデス総帥である。
彼は前回のベイ軍との戦闘では善戦するも報われず、宮殿のロッカールームで一人屈辱をかみしめた。今回の戦闘には並々ならぬ決意をもって臨んだであろう。

戦闘開始後、両軍の主力戦車がいきなり実力を発揮する。
帝国軍の重戦車ビシエドと、我らがベイ軍の誇る筒号戦車である。筒号戦車は修理によって弾詰まりが解消し、威力を増していたのだ。

ヨコハマ・ベイに吹き荒れる鉄の暴風、両軍の先発隊は深刻なダメージを負った。まずベイ軍の濱口少尉候補生が撤退、航空母艦・加賀が彼の退却を援護する形となった。
一方で頑なにマウンド砲台を死守するのが帝国軍のバルデス総帥である。タージマハル皇帝の期待を背負って第六戦線を戦う彼に、立ち向かった男がいた。
ツバメ空軍で失脚し、その地位を追われてベイ軍の一員となった亡命者・田中参謀である。
彼は熟練の戦術で筒号戦車と連携、バルデス将軍に一撃を浴びせるとともに、戦況をベイ軍有利に持ち込んだ!

刻々と変化する戦況は予断を許さない。そんな中で、20日の戦闘に引き続いて第7戦線への出撃を命じられたパットン戦車団。
嵐が晴れた先に見えるのは勝利か、それとも…


no title

続きを読む

パットン戦車団スレの組織図作った

1: 名無しさん 2017/05/22(月)21:37:49 ID:gJ5
「なんでこの階級?」とかあるかもしれないが文豪ニキに準拠してるで(明記ないのは?表記)
センスもクソもなくてすまんな
参考
パットン戦車団 登場人物報告書

no title

no title

続きを読む
スポンサードリンク
案内
やきうとお絵かきのまとめ
↓おんJ制作品集↓ 2016

↓各球団顔文字(折り畳み)↓
花


カテゴリー
記事検索
アンテナサイト
▼アンテナサイト[+]
スポンサードリンク
他ブログ更新情報
逆アクセスランキング
野球記事