やきうお絵かきまとめ

やきうとお絵かきのまとめ なんJ民、おんJに住むお絵かきニキを愛してやまない管理人のブログ パワプロ漫画などのオープン創作物もまとめ中 野球のまとめ やきう×おえかき

パットン戦車団

【7/21】 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

no title 3529
1: 名無しさん 2017/07/21(金)20:28:42 ID:Jmg
セ界大戦日誌
Friday July 21,2017

ベイ国が密かに大読売帝国に送り込んでいた工作員「D-11」。
タイラー少尉の拉致や、インフルエンザの拡散、7億円の強奪などの戦果を挙げていた彼が、ついに帝国軍に検挙されてしまった。

怒れる帝国軍は総力を挙げてヨコハマ・ベイに侵攻した。
これを迎え撃つのはベイ国宇宙軍、井納艦隊である。
戦闘序盤は接戦を演じた両軍だが、帝国軍が戦闘中盤に独立兵団「坂本個人軍」のミサイル攻撃でベイ軍を苦しめた。
これに対しベイ軍はすぐさま反撃!ロペス中将が砲撃に成功すると、井納艦隊の信号を受信したマギー大将が内通!
これを好機としてクララちゃんが切り込むなど、帝国軍を攻め立てる。
第6戦線には宮崎豆戦車が投入され、ベイ軍はついに戦況を均衡状態に持ち込んだ。
第7戦線には砂場を展開し、帝国軍の進撃を食い止めると、航空母艦加賀から飛び立った艦載機が長野大佐の乗るV号戦車を破壊!
さらに空母加賀は第8戦線にも出撃すると、これまたスパイのウゴ・ケデブと連携し、帝国軍を退けた。

迎えた第9戦線、ラミレス元帥はパットン戦車団の投入を決断する。
自慢の砲弾で帝国軍を撃破し、ベイ国に歓喜をもたらしたい。

勝利の美酒は、節度をもって楽しく飲もう。

続きを読む

【7/17】 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

no title 3444
1: 名無しさん 2017/07/17(月)20:14:51 ID:7Qj
セ界大戦日誌
Monday July 17, 2017

誰もが、この日を待っていた。

愛する家族のため、故郷に帰っていたパットン将軍。
残されたベイ軍は将軍の思いを胸に「ゴワリ・ウォールの戦い」を敢行。
激戦の末に、立ちはだかる壁を打ち破ったのだった。
長きにわたるセ界大戦も佳境を迎える中、ヨコハマ・ベイに襲来したのはツバメ空軍である。
ベイ軍の先発隊は精鋭、今永少佐。
対するツバメ空軍は負傷者が多発する中で、少女ハラ・ジュリちゃんを兵士に仕立てて進撃を開始した。

戦闘序盤、筒号戦車の主砲がジュリちゃんを激しく責め、今永少佐を援護。ベイ軍有利の幕開けとなった。
第5戦線も今永少佐が進軍に成功、ベイ軍には楽勝ムードが漂う。
しかしこれに警鐘を鳴らしたのがゲリラ少女のクララちゃん。
自らの犠牲も省みず今永少佐をベイ軍ベンチに引き戻し、防衛に専念させる心意気を見せた。
その後も接戦を演じるベイ軍とツバメ空軍。

弾薬を使い果たした今永少佐に代わり、あの男の名前が響く。

壁の向こうの未知なる世界。戦い抜くためには、彼の力が必要だ。
もうひとつの家族のもとへ、パットン将軍が還ってきた。

続きを読む

【6/28】 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

no title 2730
1: 名無しさん 2017/06/28(水)20:44:18 ID:nJd
セ界大戦日誌
Wednesday June 28,2017

パットン将軍は、自らを信じられないでいた。
降り注ぐ砲弾、燃え盛る戦車、悲鳴をあげるベイ兵。広島赤軍の破壊力がパットン将軍の脳裏にこびりついて離れない。

戦車団を撃破した広島赤軍は進撃の手を緩めず、戦闘は二日目に突入した。
度重なる犠牲により戦える兵士が減っていくなか、ベイ軍の先発隊に名乗りを上げたのは久保中将である。
彼は傭兵の身でありながら、広島赤軍との戦闘の最前線に立つことを選んだのである。

対する広島赤軍は、ここ最近大戦果を重ねている岡田少佐が先発隊となり、必勝の陣を敷いた。
戦闘序盤、広島赤軍が猛攻を仕掛ける。さらにはロペス中将が内通し、いきなり大きなダメージを負う展開となってしまった。

しかし復讐に燃えるベイ軍は第3戦線、反撃を開始する。民兵の石川さんの突撃、クララちゃんのバズーカ砲で防衛線を突破すると、
敵の混乱に乗じて筒号戦車が進撃!戦況を互角に持ち込んだ。

恐れをなした赤軍はクリャーレン元帥を戦場に投入。しかしベイ軍は攻撃の手を緩めない。
梶谷旅団のミサイル攻撃が命中し、戦況はついにベイ軍有利に展開した。
さらに民兵石川さん、ゲリラのクララちゃんなどが神出鬼没の攻撃を繰り返し、クリャーレン元帥を責め立てた。

久保中将に代わって航空母艦加賀が第六戦線を戦い抜くと、筒香戦車、宮崎豆戦車も砲撃に成功。
圧倒的有利な戦況で、ラミレス元帥はパットン将軍の起用を決断した。

昨日は信頼を裏切ってしまったパットン将軍。それでも、ラミレス元帥も、将兵も、ベイ国民も、みなパットン将軍を信じている。
あとは自分を信じて、前を向け!未来は戦場にあるのだ。

続きを読む

【6/27】 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

1: 名無しさん 2017/06/27(火)20:20:11 ID:kaQ
セ界大戦日誌
Thursday June 27,2017
その若者は、大きく成長していた。

ツバメ空軍との戦いを終えて本拠地ヨコハマ・ベイに帰還したベイ軍、そこに届いてきたのは、驚くべき知らせであった。

広島赤軍、ティーガー軍団を殲滅!勢いに乗る赤軍が我らのヨコハマ・ベイへと侵攻を開始したのである。
先陣に立つ赤軍の官僚・野村主任は正確無比な業務で数々の戦果を挙げた強敵である。
ベイ軍の三嶋中尉の仇敵としても知られ、ベイ軍にとっては大きな脅威であった。

恐れおののくベイ軍の中にあって颯爽と立ち上がったのは濱口少尉候補生である。
彼はパシフィック条約機構」との激闘を経験し、大きく成長を遂げたのだ。
逞しい表情を見たラミレス元帥は、今日の決戦を彼に託した。

戦闘序盤、恐るべき赤軍の攻撃力が濱口少尉候補生に襲い掛かる。
しぶとい敵兵を倒すべく消費弾薬は増え、また高城参謀の国際法違反などもあり、濱口少尉候補生はその顔に疲労の色を浮かべ始めていた。

第5戦線ではゲリラ少女のクララちゃんが敵の忍者の警戒をかいくぐり匍匐前進で出撃するも援護がなく討ち死に。
しかし戦線を支える濱口少尉候補生は顔色一つ変えずに戦闘を継続。130発の必死の砲弾は赤軍と、そしてベイ軍の将兵の心を打った。

これに燃えたのは筒号戦車。強烈な砲撃で野村主任を撃ち抜き、戦況はベイ軍有利に展開した。

こうなればパットン将軍の出番だ。激闘を演じた濱口少尉候補生はしばしの休息をとっている。

かつて赤軍に敗れ涙を流した姿はそこにはない。
生まれ変わった彼に白星勲章を届けるべく、戦え!パットン戦車団。

no title 2655

続きを読む

【6/24】 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

no title 2471
30: 名無しさん 2017/06/24(土)16:28:42 ID:HA8
セ界大戦日誌
Saturday Junr 24,2017

パットン将軍は苦悩していた。
ツバメ空軍との戦闘2日目、ベイ軍の兵士たちは浮かない顔をしていた。
彼らの脳裏には、昨日の屈辱が焼き付いて離れないのである。
中でも体調不良で出撃を許されなかったパットン将軍は、負傷して帰ってくる宇宙艦隊やちびっ子や農民をただ黙ってみていることしか出来なかった。

迎えた今日の戦闘は、精鋭の石田中佐を先発隊に立てて必勝を期するベイ軍。
戦闘序盤、昨日の悔しさのままに敵の慰安婦の樹里ちゃんを捕らえてなぶり者にするベイ軍。攻撃はツバメ空軍の機先を制し、快進撃を続けた。
一方で石田中佐も安定感抜群の戦闘を続けていたが、放った弾丸の数が100発を超えつつあった。

こうなれば、彼の出番である。
長い間隔を挟んだが、その手に握る勝利の実感は忘れていない。
今こそ苦悩を晴らし、役割を果たせ!!

続きを読む
スポンサードリンク
野球とお絵かきの掲示板
カテゴリー
記事検索
案内
やきうとお絵かきのまとめ
↓おんJ制作品集↓ 2016

↓各球団顔文字(折り畳み)↓
花


スポンサードリンク
相互サイト様
他ブログ更新情報
逆アクセスランキング
野球記事