no title


※前回の最後
彡(゚)(゚)と学ぶエニグマ
242: 名無しさん 2017/08/23(水)22:25:18 ID:wDu
( ゚∀゚)「こいつが『ボンベ』か……なんか、縦に3つ並んだ筒が、横にずらっと並んでいるな」

彡(゚)(゚)「これは疑似ローターや。3つの筒が1つのエニグマになっとるわけやな」

(☆…●)「仕組みが気になるな……簡単にでいいので教えてくれないか」

彡(゚)(゚)「了解や」

彡(゚)(゚)「まず、解読機と銘打っとるが、なにもスカンピンで解読できるようなハイパーマシンやない。解読するにはクリブが必要や」

彡(゚)(゚)「クリブをどういうふうに使うかっちゅうことやが……ポーランドの解読法を覚えとるか?」

(☆…●)「確か、6文字暗号の中からループを見つけ出したのだったな」

彡(゚)(゚)「せや。連中はx文字目とx+3文字目の対応から、ループ構造を見出したわけやけど……」

彡(゚)(゚)「ワイは、暗号文と平文の対応からのループ構造を利用しようと考えたんや」

彡(゚)(゚)「いくら、エニグマの構造や送信方法が変わろうが、暗号文と平文だけは絶対あるしな」

243: 名無しさん 2017/08/23(水)22:28:13 ID:wDu
彡(゚)(゚)「具体的に説明するで。まず『wetter』が『ETNWGH』に換字されると仮定する」

彡(゚)(゚)「最初の一文字『w』を入力するときのローター設定を『S』としとくで。この設定Sを求めたら、解読できるわけや」

彡(゚)(゚)「そして、『w』を打ったあと、ローターは1目盛動くやろ? その時の設定は『S+1』や」

彡(゚)(゚)「これを表にするとこうなるで。」
no title

彡(゚)(゚)「そして、この中にあるループは次の通りや」

彡(゚)(゚)「設定Sでの w→E   設定S+1での e→T   設定S+3での t→W」

(☆…●)「w→E、e→T、t→W…… W→E→T→Wでループするわけか」

244: 名無しさん 2017/08/23(水)22:29:51 ID:wcE
きたーーーーー

245: 名無しさん 2017/08/23(水)22:31:05 ID:wDu
彡(゚)(゚)「そして、ループと聞いて、身近にある、あれを思い浮かべへんか? 『一周』と言い換えてもええ」

( ゚∀゚)「……マシンに関わるもんなんだろ? だいたい想像はつくな」

( ゚∀゚)「『電流』か?」

彡(^)(^)「ご名答や。ボンベは、正しい設定を見つけた時、電流が流れるような仕組みになっとるんや」

彡(゚)(゚)「なんでそんなふうになるのか……少し難しくなるんやけどな」

彡(゚)(゚)「『設定Sで、w→Eに変換される』を言い換えれば、『設定Sだと、入力端子(w)からの電気信号は出力端子(e)へと流れる』ってことや」

彡(゚)(゚)「同様に、設定S+1では、入力端子(e)から出力端子(t)へと流れるし……」

彡(゚)(゚)「設定S+3では、(t)から(w)やな」

246: 名無しさん 2017/08/23(水)22:34:08 ID:wDu
彡(゚)(゚)「そして、エニグマを三台用意する。全て、同じローター設定にしてから、一台は1目盛、もう一台は3目盛進ませておくんや」

彡(゚)(゚)「これにて、設定?、?+1、?+3のエニグマができたことになる」

彡(゚)(゚)「さて、これからや。設定Sでの出力端子は(e)、設定S+1での入力端子も(e)やろ?」

彡(゚)(゚)「これを結ぶ。つまり、設定?と設定?+1の端子(e)を導線でつなぐんや」

彡(゚)(゚)「他の端子も同様につないでいく。そうすれば、1つの回路が完成するはずや」

彡(゚)(゚)「後は、ローター設定を1目盛ずつずらしていって、電流が流れる設定を見つけ出したら勝ちや」

彡(゚)(゚)「間違った設定やったら、換字先の端子と導線で結ぶ出力端子が一致せず、電流が流れへんしな」

彡(゚)(゚)「小難しくいったけど、図解すればこんな感じや。四角いのがエニグマやで」
no title

247: 名無しさん 2017/08/23(水)22:37:07 ID:wDu
彡(゚)(゚)「この仕組みを、機能化したもんがボンベというわけや」

( ゚∀゚)「ほうほう、しかしよく一からこんなもん作ったな……」

彡(-)(-)「今までの研究が役立ったのもあるで。『万能チューリングマシン』っちゅうやつなんやけどな」

( ゚∀゚)「万能チューリングマシン?」

彡(゚)(゚)「せや。これは、無限の長さのテープに入力することで、いかなる演算をも可能にするっちゅう、思考実験上の仮想機械や」

彡(-)(-)「決定不可能な問題を探し出すためのアイデアやったんやがな……残念ながら、全て探し出すことは叶わんかったわ」


真偽を定められない命題も少数ながら存在するという『決定不可能性』
それならば、真偽をはかれるマシンを作り出せばいいのでは? という発想から生み出されたのが『万能チューリングマシン』である

『いかなる演算をも可能にする』 我々はこれに近しい機能を持つ利器を知っている


コンピュータ――アラン・チューリングは紛れもなく、現代コンピュータの父と言えるだろう

248: 名無しさん 2017/08/23(水)22:41:09 ID:wDu
1940年 3月18日より、初期型ボンベ『ヴィクトリー』が導入される
しかし、ボンベはチューリングの想定通りには、機能しなかった
1つの暗号の解読に一週間近くかかったのだ


彡()()「あかんか……やっぱ、プラグボードがネックやな」

チューリングは、プラグボードを考慮しなくてもよい配線を見つけ出していたが、それでも電気ループ26通りを検証する必要があった
17576通りを26回分検証するというのは、決して短時間に行えるものではなかった

(☆…●)「うむ……」

(☆…●)「チューリング君。このボンベだが、改善余地があるぞ。ここをこういうふうにして……」

彡(゚)(゚)「……はえ~」

(☆…●)「ここをこんな感じにすれば……これで、26通りの電気ループを一気に検証できるはずだ」

彡(゚)(゚)「ファッ!? こんなんでええんか! 改造したろ!」


チューリングとウェルシュマンは、改良を重ね、最新型ボンベ『スパイダー』を完成させる

解読時間は大幅に削減され、実用的な解読法が新たに生まれた

249: 名無しさん 2017/08/23(水)22:44:12 ID:wDu
ドイツ側のエニグマ運用面上のミスも、ボンベの解析を早めた



( ゚∀゚)「……クックック。ドイツ軍も迂闊だな」

彡(゚)(゚)「?」

( ゚∀゚)「ローター配置のことだがな……同じ位置に同じローターが、2日連続で配置されないことに気づいた」

( ゚∀゚)「つまり前日の配置が1-2-3だった場合、1-3-4とか、5-2-4とかはありえないんだ」

( ゚∀゚)「この法則に従えば、ローター配置は28通り除外できる。半分近くは削れるぜ」

彡(゚)(゚)「はえ~、撹乱するためかもしれんが、ワイらからしたらとんだ愚策やな」

( ゚∀゚)「そして、プラグボードも隣り合う文字は繋がねえ。配線も特定しやすくなるな」

( ゚∀゚)「極めつけはこれだ。メッセージ鍵も『Q-W-E』とか『B-N-M』とか、キーボードで隣り合っている文字が出やすいんだ」

彼らは、出現頻度の高いローター設定を『シリー』(cilli)と呼んだ
解読者達は、こういったショートカットを余すこと無く利用し、暗号を解読していったのである

250: 名無しさん 2017/08/23(水)22:47:14 ID:wDu
このころ――大西洋上のイギリス船に、不吉な影が忍び寄っていた


船員「大変です! 右舷船首と船尾全体に大きな攻撃を受けました!」

船長「くそっ! まさか……奴らか」

船員「あ! またもや衝撃が!」

船長「ぐっ! 沈む! 沈んでしまう!」

船長「おのれ……ドイツ軍めがああああああああああ!」


――


海へ消え行くイギリス船を見届けた後、3つの影は姿を消した
一糸乱れぬ統制、集団攻撃、襲撃されるまで気づきえぬ隠密性――それはさながら狼のように


ドイツ軍の潜水艦『Uボート』が牙をむき出した

251: 名無しさん 2017/08/23(水)22:50:10 ID:wDu
Uボートの強さはその戦術にあった


①敵船を見つけ次第、本部に連絡
no title

②本部が、送信地点に近いUボートに、敵船の場所を送信
no title

③複数のUボートで囲い、敵船を沈める
no title


カール・デーニッツ考案の『群狼戦術』は、イギリスを兵糧攻めにするうえで、絶大な効果を上げる
なにせ、イギリスは植民地からの補給に頼らざるをえず、海路を使うことは必須だった
その補給線すら、Uボートに断たれてしまうなら、その先に待つのは飢えだけである

252: 名無しさん 2017/08/23(水)22:54:07 ID:wDu
時は戻り、1939年

Uボートで使われる海軍エニグマの解読は、イギリスの存亡がかかる、第八兵舎の重要な任務であった
しかし、おいそれと解読させてくれるほど、海軍エニグマは甘くない


(;゚∀゚)「……だめだ。わからねえ」

(☆…●)「うーむ……」


海軍エニグマが難解である理由の1つとして、使っているローターの種類の多さがあげられる
陸空軍は5種類だけだが、海軍は8種類
単純に組み合わせを比べると、60:336 陸空軍の5倍以上である

もう1つ、鍵の送信方法が、独自であったことだ
エニグマで暗号化してから、手動でもう一度暗号化するという二重暗号化
たとえ、エニグマを解読できても、手動の暗号化のプロセスがわからなければ、解読不可能なのだ

この送信方法を取るネットワークは『ドルフィン』と呼ばれた
ドルフィンは数あるネットワークの中、一番解読が困難なものだった

253: 名無しさん 2017/08/23(水)22:57:23 ID:wDu
彡(゚)(゚) カリカリ

彡(゚)(゚) カリカリ

彡()()「あかん、この方法でも無理やったか……」

彡(゚)(゚)「ヒント……ヒントがほしいな。やっぱ、あれしかあらへんか」

チューリングが取り出したのは、ポーランド人が偶然解読できた、ドイツ海軍の電報である

彡(゚)(゚)「ふむ……」

彡(゚)(゚)

彡(゚)(゚)「……あ」


1939年 冬
ある一夜、チューリングは、平文と暗号文と鍵の関係から、手動の暗号化プロセスを導き出す
この夜は、戦争において、最も重要な夜だった

254: 名無しさん 2017/08/23(水)23:00:10 ID:wDu
――

( ゚∀゚)「『ドルフィン』の暗号化方法が、わかっただと!?」

彡(゚)(゚)「せや。やつらは二文字ごとに換字しとったんや。送信者側で説明するで」

彡(゚)(゚)「例えば、メッセージ鍵が『S-D-G』とするやろ? まず、『SDG』をエニグマで換字する。換字先が『WFU』とするわ」

彡(゚)(゚)「次に、『WFU』の下に、適当な三文字を並べる。これはホンマになんでもええ。敵を撹乱するのが目的やしな」

彡(゚)(゚)「その三文字を『YAJ』とするなら、こうなるで」

WFU
YAJ


彡(゚)(゚)「そして、縦の二文字に注目や。この二文字を別の二文字に変換するんや」

彡(゚)(゚)「仮に WY→ER FA→BU UJ→NT に変換したら、さっきの文字列はこんな感じや」

EBN
RUT

彡(゚)(゚)「後は、『ERBUNT』っちゅう文字を、電文の始めにつけるだけや。複文するには、今の手順の逆をすればええで」

(☆…●)「ほう……あのわずかな資料から、よくそこまでたどり着いたものだな」

(☆…●)「だが、このままだと解読できんな」

彡(-)(-)「二文字の換字表……『二連字表』が必要やからなぁ」

( ゚∀゚)「こればかりは、どうしようもねえ。俺らの力が及ぶ範囲じゃねえな」

彡(゚)(゚)「……『ピンチ』にかけるしかあらへんな」


『ピンチ』とは、敵船を拿捕し、船内にあるエニグマ機、日鍵表など、解読に繋がるものを奪取することである
チューリング達は解読の望みを、『ピンチ』に託した

255: 名無しさん 2017/08/23(水)23:03:14 ID:wDu
だが――


彡(゚)(゚)「……今回のピンチはどうやったんや?」

( ゚∀゚)「お目当てのものは無かったようだぜ。追加したローター3個の内、2個が見つかったようだが」

彡(-)(-)「そか……まあ、それも重要なもんやしな」

二連字表は、なかなか手に入らない
こうしている間にも、Uボートはイギリス船を次々と喰らい尽くしていく



――三週間前に着港するはずの船ですが、今もなお――

(;゚∀゚)

――〇〇沖で、3隻のイギリス船が沈没――

(;☆…●)

――商船二十隻が、一晩で沈められ――

彡()()



解読者達は、歯を食いしばり、それを黙って見続けるしかない
開戦から1940年12月までに、Uボートに沈められた商船は585隻にのぼった

256: 名無しさん 2017/08/23(水)23:06:02 ID:wDu
風向きが変わったのは、1941年3月のこと
イギリスがクレイモア作戦を実施した月である


彡(゚)(゚)「……」ソワソワ

( ゚∀゚)「持ってきたぜ……」

(☆…●)「今回のピンチで奪った文書か」

彡(゚)(゚)「頼むで、二連字表……二連字表を……!」

( ゚∀゚) ガサガサ

( ゚∀゚)

( ゚∀゚)「おい……」




( ゚∀゚)「ねえぞ……」

258: 名無しさん 2017/08/23(水)23:09:24 ID:wDu
彡()()「……」

(☆…☆)「……」

( ゚∀゚)「いや待て。確かに二連字表は無かったんだが……」

( ゚∀゚)「プラグボードとローターの設定表があるんだよ」

彡(゚)(゚)

彡(゚)(゚)「ファッ!? むっちゃ重要情報やんけ! ホンマにそんなんゲットできたんか!?」

彡(゚)(゚)「ちゅうか、んなもんあれば、二連字表も復元できるんちゃうか!?」

( ゚∀゚)「で、できるのか?」

彡(゚)(゚)「おう、やったろうやないか! ようやく、海軍エニグマ解読の光が見えてきたで!」

259: 名無しさん 2017/08/23(水)23:12:28 ID:wDu
二連字表の復元に必要なものは、暗号文の開始位置設定――ローターの初期設定
これを求める重要な単語が、先に挙げたクリブの1つ『EINS』だ


( ゚∀゚)「ほら『EINS変換表』を持ってきたぜ」

彡(゚)(゚)「よっしゃ、取り掛かるで」


『EINS変換表』は、17576通りのローター設定における、『EINS』の変換先を表にしたものである
例えば、ローター設定『G-S-C』において、EINS→KRFG と変換されるものとしよう


彡(゚)(゚)「……ん?」

彡(゚)(゚)「あったで! 114文字目から『KRFG』や!」

(☆…●)「つまり、114文字目におけるローター設定は『G-S-C』ということだな」

( ゚∀゚)「114文字目……つーことは、『G-S-C』から113目盛ローターを巻き戻せば……」

彡(゚)(゚)「ああ、そこが開始位置設定や」


こうして、チューリング達は二連字表の復元に成功する
その後のピンチによる有用な情報も相まって、海軍エニグマを日常的に解読することが可能になった

解読者だけでなく、ピンチを命がけで敢行した兵士たち
彼らの一年以上に及ぶ死闘の末、とうとう、Uボートの全容が明らかになったのである

260: 名無しさん 2017/08/23(水)23:15:58 ID:wDu



彡(-)(-)


陸海空……全てのエニグマは丸裸にされた
残るは、ただ一つ
ヒトラーと将官、 および将官と将官の通信に使われた、エニグマを超える暗号機


彡(゚)(゚)


『タニー』


これがイギリス解読者に立ちはだかる最後の壁であった

261: 名無しさん 2017/08/23(水)23:17:36 ID:wDu
ほなここで終わるで

262: 名無しさん 2017/08/23(水)23:41:40 ID:fHz
乙やで
イッチ文章うまいな

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1502169099/